被災地の支援状況   

倉敷市の市民や企業から寄せられた衣料品や紙おむつなどの支援物資が、東日本大震災の被災地に向け出発した。倉敷市は全国の中核市と災害時の応援協定を結んでいて、今回はこれに基き原発事故の影響で物資不足の福島県いわき市に物資を届ける。
[ 3/31 14:08 西日本放送]
日テレニュース24
http://www.news24.jp/nnn/news879693.html


いわき市役所 支援物資の受け入れについて
更新日 平成23年4月1日

 現在、本市においては、東北地方太平洋沖地震に際し、国や県等の自治体、また、多くの個人の方々から水や食料、毛布等の支援物資が多く寄せられており、避難所にいる方や要援護者などの市民の皆様のほか、周辺自治体から避難されている方々、さらには、福祉施設や病院等に支援物資を配布しているところであります。
 また、支援物資につきましては、飲料水、毛布は十分な数を確保できておりますので、現時点では受け入れを中止させていただいております。

http://www.city.iwaki.fukushima.jp/topics/010791.html
[PR]

by pnk-ribon | 2011-04-02 07:13

<< 平成23年4月 個人情報漏洩事... 3月30日(水)東日本大震災 ... >>