ソニー・コンピュータエンタテインメント 狙われた個人情報(個人情報漏洩)   

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、2011年4月27日、ソニーのゲーム機プレイステーション3(PS3)とプレイステーション・ポータブル(PSP)のネットワーク接続「プレイステーションネットワーク(PSN)」の不正アクセス事件で、7700万件の個人情報、1000万件のクレジットカード番号が流出の可能性があると発表した。

http://cdn.jp.playstation.com/msg/sp_20110427_psn.html


さらに、ソニー・コンピュータエンタテインメントは、2011年5月3日、米ゲーム子会社のソニー・オンラインエンタテインメント(SOE)のシステムが先月ハッカーからの不正アクセスを受け、約2460万件の顧客情報が流出した可能性があると発表した。

http://www.scei.co.jp/corporate/release/110503.html


「プレイステーションネットワーク(PSN)」の不正アクセスは、2011年4月17日から19日にかけて、ソニー・オンラインエンタテインメント(SOE)のシステムは、4月16日から17日にかけて、ハッカーの侵入を受けたとされている。
ということは、4月16日から19日にかけてずっと不正アクセスされていたことになる。
[PR]

by pnk-ribon | 2011-05-04 06:12 | 情報漏洩ニュース

<< 平成23年5月 個人情報漏洩事... 有名人 東北沿岸部被災地訪問 一覧 >>